足爪のトラブル

足爪のトラブル

足爪のデータ (伸びなくなった爪)

間違った爪切り、間違った手入れの結果、爪が小さく丸まってしまった例です。

女性:37歳

★このデータの公開はご本人様のご了解をいただいております。

本人主訴:10年前に左拇趾爪をロッカーにぶつけて損傷。黒化して剥がれた後生えてきた爪が変形する。自分で削りながら過ごしていたが、10年間変化がなく三角の小さな爪となる。見た目が悪いので綺麗な形の爪に戻ることを希望しています。

①初回-1 2021.4.5

①初回-1 三角形の爪半分は剥離しています。爪根部を丁寧にクリーニングして爪の潜り込みを予防します。剥がれている部分はカットして爪の育成を促します。

 

 

①初回-2

①初回-2 爪の巻き込みを防ぐためシリコンプレートXSを装着してテーピング行います。盛り上がった爪先肉を押さえるようにしてテープを巻きます。このテーピングは自宅で毎日行うので皮膚の負担を軽くするため、軽い粘着のテープがおすすめです。貼り方を覚えていただき自分で貼り替えます。

 

②約3ヶ月後-1 2021-7.10

②約3ヶ月後-1 爪の横幅が広がってきました。爪に段差が少しあるのでこれを整え、爪根部のクリーニングをします。爪根部から綺麗な爪が見えてきました。

 

 

②約3ヶ月後-2

②約3ヶ月後-2 爪先肉の盛り上がりをテープで押さえ、爪の食い込みを予防します。自宅で毎日自分で貼りかえてもらいます。爪の巻き込みを予防するため爪根部にシリコンプレートを付けます。

 

 

③約7ヶ月後 2021.10.30

③約7ヶ月後 爪の横幅が整って伸びてきました。拇趾の大きさに合ったサイズの爪が出来て踏み込みが安定しています。爪回りのクリーニングと爪形を整えるお手入れをしています。自宅での爪先テーピングはもう少し継続します。

 

④約16ヶ月後 2022.8.6

④約16ヶ月月後 拇趾の大きさに合ったサイズの爪となり安定しています。爪先の盛り上がりも爪で押さえられようになったのでプレートケア及びテーピングは終了。

 

 

⑤約21ヶ月後 2023.1.13

お手入れ終了後から5か月経った状態。爪根部の変形も無くなり綺麗に爪が伸びています。爪のカットに注意して拇趾の大きさに合った爪を維持して頂きたい思います。

 

 

足爪のデータ  (巻き爪手術後の爪)

陥入爪の手術(鬼塚法)を受けた後、残った爪の育成がうまく進まず小さな爪となった例です。

ゆび先まで爪が伸びず、拇趾先が柔らかいため歩行時の蹴りだしや瞬発的な動きに力が入らない問題があります。放置すると歩行時等の外圧を指先の趾骨が受け、上に反り返る変形へと進むので爪プレートは指先まであることが望ましい形です。

男性:24歳の例

★このデータの公開はご本人様のご了解をいただいております。

本人主訴: 7年前に陥入爪の手術(鬼塚法)を行う。紹介で来店された外国の男性。上記手術は日本で受けている。痛みはないが瞬発的な動きに対応しにくく、見た目も悪いので爪が前に伸びることを希望しています。

①初回 2020.8.30

①初回 手術により爪の両サイドは消失。爪プレートは前に伸びず小さく丸まった状態です。この状態が術後7年続いたため指先の肉が盛り上がり硬くなっています。テーピングでゆび先の盛り上がりを抑えて爪の育成を図ります。

 

②約4か月後 2021.1.8

②約4ケ月後 爪の委縮を防ぐためシリコンプレートXSを付け爪回りのクリーニングとテーピングを続けます。爪が少しづつ前に伸びてきています。

 

③約11か月後 2021.7.7

③約11ケ月後 爪幅が広がってきたのでシリコンプレートのサイズを上げてSにする。爪の伸びが良くなり綺麗な爪プレートとなってきました。指先の盛り上がりも自爪で抑えられるようになり歩行も良好な感触です。

④約19ケ月後 2022.3.15

④約19ケ月後 良好な位置まで爪先が伸び、爪の厚みも平均的に良くなった。手術により爪母細胞を取っているため爪の横幅はこれ以上望めないが、拇趾にかかる圧を押さえられる爪となりました。爪の横幅については拇趾の大きさに比べ小さいが、自爪で見た目も綺麗なので義爪ケアは行わず終了としました。

 

足爪のデータ (爪の崩れ)

足の爪はあまり気にされない方も多いようですが、安定した歩行をするために大切な役割を持っています。

足ゆびの大きさに合った爪プレートを保つことはとても大切なので、爪の切り方や爪の変質には気を付けましょう。

今回は見た目の悪いボロボロ崩れてしまう爪についてです。

【崩れた爪の手入れ】

男性:55歳の例

本人主訴:拇趾(足の親ゆび)爪が反り返りボロボロ崩れるようになってしまいました。靴下に引っ掛かりそこから割れたりして気にかかりました。色も変色していて見た目も綺麗ではありません。健康色の爪に戻したいです。

①最初の頃

①持ち上がった爪をカットして爪回りを洗浄。乾燥しやすくなっている爪にアンチバクテリア作用のある爪専用クリーム(フデスクリーム)を塗布する手入れを続けます。

 

②3ヶ月後

②1ヵ月ほどすると新しい爪が反り上がりのない状態で少しづつ伸びてきました。その後も継続して爪の手入れを行い(入浴後毎日)、3ヶ月ほどすると形が整ってきました。ボロボロ崩れる問題もなく爪床に密着した爪になってきました。変色している部分を適宜にカットしながら爪  の形をさらに整えていきます。

③9か月後

③入浴後の爪手入れを継続していくと更に爪の形がしっかりして来て、拇趾の爪として十分な硬さと面積をキープできるようになりました。9か月後には変色もなくなり艶のある綺麗な色の爪になりました。

お手入れはその後も継続します。

拇趾の爪は靴の圧迫や歩行の負荷を受けやすい部分なので特に注意が必要です。とても大切な爪なので放置せずに回復が早いうちにお手入れしましょう。

★このデータの公開はご本人様のご了解をいただいております。

【お手入れ時の注意】

・足爪のカットは少しづつカットするようにします。一度に大きくカットすると爪が割れたりしますので、1ミリ程度づつ小さく切り進めていくようにしましょう。

・爪切は自分専用のものを使います。他の人と兼用にするのはやめましょう。

・清潔にして乾燥に注意しましょう。クリームのお手入れは継続して足爪を大切にしてください。

おすすめ品:ドイツ製アンチバクテリアクリーム【フデスクリーム】

アンチバクテリアのフデスクリーム 爪の変色、爪の崩れにおすすめ
お問い合わせ ショッピング クーポン