女性に多い外反母趾などの症状について

ハイヒールが原因の症状

足が長く見えてスタイルが良くなるハイヒールはとってもお洒落ですね。でも、その小さな靴に押し込まれている足には全体重がかかり、歩くたびに爪先、骨格に負担がかかっていることを忘れないでください。足に負担をかけるハイヒールのリスクを把握して将来のトラブルを予防しましょう。

♦ ハイヒールが原因で引き起こる症状 ♦

足指の変形
ヒールが高くなるとつま先に掛かる体重の割合も高くなります。それと同時に足が前に滑りやすくなり、爪先が強く靴に圧迫されます。また、前すべりすることでかかとが脱げやすくなり指先がハンマー状に曲がってきます。外反母趾や内反小趾、ハンマートゥなど足指の変形原因となります。

O脚
脚の筋力が無いとつま先立ちによる疲労から膝が曲がり、離れていきます。膝が開くため外側に体重がかかりO脚という骨格変形になってしまいます。

冷え性
爪先立っているため脚の筋肉収縮量が減り血行が悪くなります。全身の冷えや浮腫みなどの体調不良原因となります。

たこ
ハイヒールで疲れてくると前傾姿勢になりやすいので、爪先や踏みしめる足底部分、窮屈な部分への圧迫が強くなります。
継続的な圧迫が多い部分は皮膚が硬く厚くなり、見た目も悪いたこになってしまいます。

骨盤の歪み
脚の筋力が無いとバランスを取るために前のめりの体勢になり、骨盤が前後に傾いてしまいます。 腰痛の原因となります。

巻き爪
つま先に体重が集中的にかかることで、爪が強く圧迫されて変形してきます。特に親指の爪は、歩くたび靴に圧迫されて内側に巻き込む爪変形(巻き爪)になりやすいようです。

♦ ハイヒールを選ぶポイント ♦

・足先の履き口が深く、足が前に滑りにくいもの。足甲があまり出ないもの。
・爪先、足の厚みに合わせてゆとりがあり、指が動くことができるもの。
・足甲、足首付近にストラップがあるもの。靴が動かないよう調節の出来るもの。
・かかとが余っていないもの。大きすぎないもの。
・ヒールが高すぎないもの。5センチ程度が良い。
・ヒールの太いもの。グラグラしないもの。
・踵をしっかり包み込み、脱げにくいもの。
・縦、横アーチを保護するインソール形状が作られているもの。

ハイヒールを選ぶ際に、これらのポイントを踏まえることで外反母趾などの予防になります。
また、薄い靴下やストッキングだと滑りやすくなるので、インソール形状のある中敷を入れたり、ストラップを調節したり、長時間履くのを控えるなどの工夫をしましょう。

外反母趾など足のトラブルでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
当サロンでケアすることで美しく健康的な足を維持することが出来ます。
また、一人一人の足型に合わせてオーダーで靴やインソールをお作りしています。外反母趾の方にもおすすめのパンプスやブーツもございます。
痛みを感じている方は、お気軽にご相談下さい。