足を労わるならフットケアサロン

歩き方

ヒトは、哺乳類の中で直立二足歩行ができる唯一の生き物です。類人猿やカンガルーなども二足歩行ができますが、直立ではありません。2本の足で直立して歩くという行為は、ヒトにだけ与えられた行為ですが、現代人の多くは歩行が上手くできていません。日常生活の中で、知らない内に悪い歩き方が身についてしまっているようです。

悪い歩き方は、身体にさまざまな弊害を与えてしまいますので、正しく歩くようにしましょう。とは言っても、どんな歩き方が悪くて、どんな歩き方が良いのか分からないと思います。以下のことに気をつければ、自然と正しい歩き方になるので、日頃から意識してください。

♦ 歩き方のコツ ♦

? 足をしっかりと上げる
足を引きずるようにして歩く方が多いですが、これは明らかに悪い歩き方です。股関節から足を動かし、かかとまでしっかりと上げて歩くようにしましょう。ただ、上げ過ぎてしまうと、足を着地させた時の負担が大きくなります。膝が軽く曲がるぐらいがベストです。

? 足裏の体重移動を意識する
足を着地させる時は、かかと→足裏の外側→小指の付け根→親指の順で体重移動し、ふくらはぎの筋肉を動かすことを意識しましょう。意識するだけで、正しい歩き方に近づきます。

? 腕をしっかりと振る
歩くという行為は、ついつい足にばかり意識が向かいがちですが、腕を振ることも大事です。それもただ振るのではなく、肩甲骨からしっかりと振らなければなりません。

? 背筋を伸ばす
上記のことを意識して行っても、背筋が曲がっていては何の意味もありません。顔と目線を上げ、背筋を伸ばして美しく歩きましょう。猫背をなおすだけで若々しく見えてきますし、呼吸も深くできるようになります。毎日意識して背筋を伸ばし、美しい歩き姿を作りましょう。

♦ 足のケア ♦

これらのことに気をつければ、自然と正しい歩き方が定着してきます。しかし、正しく歩こうと意識していても、足にトラブルが起きてしまっては正しく歩くことができません。だからこそ、足はきちんとケアをする必要があります。ご自分でケアをされても良いと思いますが、きちんとしたケアをしたいのであればプロに任せてみませんか?

当フットケアサロンは三鷹や昭島、相模原、八王子、立川からのアクセスが非常に便利です。足の正しいお手入れは当フットケアサロンにお任せ下さい。