最新情報

2019年3月17日 日本フットケア技術協会 JAFTAの研修会に参加してきました。

私はこの協会の広報理事なので、研修会の風景を撮影してきましたよ。

当日は春の心地よいお天気に恵まれ、医師、看護師、フットケア技術者の皆さんが参加されました。

【第29回研修会】

JAFTA会長 河合修三先生のご挨拶から研修会はスタートしました。

582

 

 

 

 

 

 

 

テーマ 「予防フットケア<健康な足に向けて>」

講演1「忍び寄る7つの足の老化」下北沢病院 院長 菊池 守先生

足の耐用年数は60年と捉え、老化と共に足トラブルが増えていく。
①皮膚と脂肪の加齢②爪の変形③足の動脈硬化④足の浮腫み⑤足の筋力低下⑥腱の柔軟性低下⑦アーチの低下などがある。
それぞれの確認方法や効果的な運動方法を交えて講演いただきました。

584

 

 

 

 

 

 

 

講演2「巻き爪とその予防について」爪と皮膚の診療所 院長 山口 健一先生

巻き爪の原因に本気で迫ってみる!と爪大好き 山口先生です。
なぜ爪は巻いてしまうのか?
①爪の切り方②爪の疾患③外傷④内科的疾患⑤体幹ほかの筋力低下⑥足アライメント異常⑦靴による影響⑧体重増加⑨遺伝⑩加齢
立ち、歩くために重要な爪を変形から回復させるために、まず原因を理解することが大切ですね。

587

 

 

 

 

 

 

 

 

講演3「フットケアを通じて健康の大切さを伝える」

サイトウパーソナルヘルスケア研究所 齋藤 瑠璃子様

運動指導士の齋藤さんの講演は、手足の運動からスタートしました。立って腕を前に出し①親指出してグーにぎり②親指中にしてグーにぎり、これをグーパーしながら①②を交互にする、それに足踏みをくわえて動く。指に気をとられると足踏みが疎かに、①②がどっちだったか分らなくなる・・・頭も体も鈍くなってました・・・
お客様とのコミニュケーションで大事なことは【程よい距離感】【プライベートに深く触れない】【よく観察する】ということでした。

DSC07475

 

 

 

 

 

 

 

 

講演4「紐靴の紐の締め方ビデオの説明と実技」WOHLTAT 藤井 恵様

どんなに良い靴を履いていても、履き方が悪ければ良い効果は得られません。足を守るための最初のフットケアとして、正しい靴の履き方をバチェラーシューフィッターの藤井さんに学びます。

596

 

 

 

 

 

 

 

 

026

足を守る【正しい靴の履き方】

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私は、靴の履き方ビデオを不慣れながら作ってみました。動画を編集して、プロローグとエピローグを作って、ナレーションを入れて、音楽を取り込んで・・・やったことないのに~><; マニュアル見ながら作ってみました。大変だったけど出来上がって良かった(^-^)

足を守る最初のフットケア「靴の正しい履き方」実践していただけると嬉しいです。

今回のPRセッションは3企業がブースを出してくれました。

①【ポドストライプ:バン産商㈱】
新しいタイプの巻き爪ケアプレート:爪に貼るタイプの巻き爪ケアプレート

ソフトな使用感と自爪に無理のない巻き爪矯正法です。

590

 

 

 

 

 

 

 

 

②【フットケアカバーQrin:㈱ジェイ・シー・ティ】

フットケア時の飛散を防止するアイデア商品。平らなベッドには使えるかもです。

595

 

 

 

 

 

 

 

 

③【フットヘルスウェア ケアソク:㈱山忠】

履いて足トラブルを予防する靴下です。足ゆび部分は5本の趾間部が開くようになっていて、その上から全体カバーのある靴下。中足骨部分のサポートもあり指の捩れにもよさそうでした。

593

 

 

 

 

 

 

 

 

年々参加者も増え、足を手入れして大切にする意識がもっと高まるといいな~と思いました。快適な歩行による、活動的な健康を維持するためのフットケア。

またまだやれることは沢山あります。